都会を離れ京都の里山・農村で田舎暮らしのひとときを

都会では味わえない体験をしたい方へ

人の温かみが感じられる京都綾部

1日過ごしてみませんか?

京都北部に位置する"綾部"とは?

2つの高速道路とJR山陰線があるため、京都市内から1時間、大阪市内からも2時間で来ることができます。

市の中心地には、グンゼの養蚕や大本と共に栄えた歴史と文化が垣間見れるエリア、車を少し走らせると、昔ながらの伝統的な暮らしぶりが色濃く残る里山エリアがあります。

実は見所も多く、日帰りで帰るにはもったいない場所。京都府で最多数を誇る農家民宿に宿泊して田舎暮らしを体験するなど、ゆっくりお楽しみいただくこともできます。

mapmap

"綾部"の3つの魅力

1

伝統を守る農村の人と暮らし

〜田舎の価値観を知る〜

古くから交易と街道の町であった綾部には多様な人々が集まっています。もち作り、味噌作りなど昔ながらの暮らしを守っている人、和紙などの伝統技術を未来へ伝えている人、移住して里山でのライフスタイルを楽しむ人がいます。"人との出会い"も、旅の醍醐味のひとつ。人の暮らしや価値観に少し深く触れることで、人生が変わってしまうかもしれません。

2

日本の里山に残る自然・水源

〜都市にない自然を体感〜

綾部市では樹齢数百年から1000年を超える栃の木の群生地やシャガ・ミツマタ・水仙などが咲く里、古道のトレッキングなどをお楽しみいただけます。また綾部市が制定した"水源の里条例"に加盟する集落では、都会との交流イベント、加工品の製造、ボランティア活動を行っています。過疎地で新たに取り組まれているサステナブルな観光や自然の保存を体感しにきてください。

3

食,住,文化に触れる農家民宿

〜泊まるだけで農村生活を体験〜

綾部市には里山の暮らしを満喫できる農家民宿が数多くあります。特徴的なのは半農半X的な暮らしを実践する移住者の宿が多いことです。どこか懐かしい、自宅に帰ったようなアットホームな宿で都会の喧騒を忘れゆっくり過ごしたり、農業や加工品作りを体験したり、地元食材を活かした料理に舌鼓したりできます。また"移住立国"を打ち立てた綾部市ならではの移住の相談や空き家の見学といった利用もできます。

"綾部"の全てを知る
私たちにお任せください

体験と宿泊の手配は旅行会社MATA TABIとゲストハウスオーナーの工忠、食の体験・お米農家の紹介は料亭ゆう月のオーナー井田、移住のサポートは原田商店社長、田舎生活研究所長の原田が行います。

綾部の具体的な体験を
知りたい方はコチラ

食べる・体験する・泊まる
"綾部"の1日プラン例をご紹介

世界が注目する"サステナブル"な生活を体験したい方へ

世界が注目する


"サステナブル"な生活を体験したい方へ

限界集落で新たな取り組みを始める地元の方に生活の知恵を学びます。またボランティア活動にも参加いただけます。

限界集落の存続や森林等の資源の利活用の実例を学びます。またワークショップを通して、新しい案などを出し合うこともできます。

移住の多い綾部、その移住者から持続可能な暮らしをする方、天職を見つけ自分らしく暮らす方から新しいライフスタイルを学びます。

800年の歴史ある綾部の伝統技法を学びたい方へ

800年の歴史ある


綾部の伝統技法を学びたい方へ

黒谷和紙は、長期の保存にも耐えられることから、二条城の障子や曼殊院のふすまなど、文化財にも使用されています。この技法は京都府無形文化財に指定されました。

黒谷和紙は、原料となる植物"楮(こうぞ)"の処理から加工までをすべて手作業で行います。紙すき体験と紙になるまでの工程を学びます。

和紙に利用されない"楮(こうぞ)"の葉っぱを活用してお餅作り。伝統的な"臼"と"杵"使った餅つきで作ります。地元女性とのお話と試食をお楽しみください。

和紙、酒造、お茶。綾部の伝統と食を楽しみたい方へ

和紙、酒造、お茶。


綾部の伝統と食を楽しみたい方へ

黒谷和紙作りを体験を通して、酒瓶に貼るラベルを作ります。

若宮酒造の主力商品「綾小町純米酒」にラベルを貼り、世界に1つだけの日本酒を作ってみませんか?若宮酒造の酒蔵見学もできます。

綾部唯一の茶会席ランチとお抹茶たても体験していただきます。

その他、様々な"綾部"を体験できます

人の温かみが感じられる京都綾部
1日過ごしてみませんか?

綾部の"食べる""体験する""泊まる"を集めたサイトで各種予約ができます。
都会では味わえない里山・農村の魅力を チェックしてみてください。

綾部の具体的な体験を
知りたい方はコチラ